ブックオフ 単行本

【本せどり】万葉集ブーム到来!本せどりにも追い風!

こんにちは。北村です。
新元号「令和」が発表され、元号の出典が万葉集と発表されました。そして万葉集ブームが到来しました。


書店では、特設コーナーを設置し始めた店舗も多いですが、アマゾンでの需要も凄いことになっています。ぜひ、本せどりをしている人達は、注目していきたいところです。

この万葉集ですが、本の需要は長く続く感じがします。年配の方の需要が特に多いので、一過性のものにはなり難いと思います。


また、日本の古典文学なので、学校の授業でも多く取り扱いされそうです。そうなると学生からの本の需要も高まりそうですね。


そこで、今回は、ブックオフでも仕入ができそうな本をピックアップしてみました!

万葉集 (日本の古典をよむ 4) 

この本は、「日本の古典をよむ」というシリーズです。ブックオフでも見かけるシリーズでもあります。中には200円の日本文学、和歌、詩などのコーナーで見ることもありますが、万葉集を見つけるとなると難しいと思います。そこで、ぜひ プロパー(通常)棚 を見て下さい!


下にモノレートを掲載してみましたが、アマゾンの相場が600円ぐらいの価格に普段なっていました。そうなると、ブックオフのプロパー(通常)棚でも500円前後で販売している可能性があります。


そのくらいの価格で販売されていれば、充分仕入のチャンスです。※ブックオフの価格は店舗によって異なります。

この本は4月1日に一気に価格が上昇していますが、新品(アマゾン)がそのまま販売されています。今後もアマゾンの新品は続くと思いますが、継続して中古でも1,000円~1,500円ぐらいで販売できそうな感じはします。

楽しくわかる万葉集 (図解雑学)

この本は、図解雑学シリーズの万葉集です。図解雑学シリーズはブックオフでもおなじみのシリーズです。アイテムも500種類以上あるので、いろいろな棚で見かけるのではないでしょうか。


図解雑学シリーズはかなりプレ値になっているものもあるので、初めて見かけたアイテムは必ずリサーチしてみましょう!

こちらの本も4月より一気に上昇して、今では物凄い価格になっています。シリーズ的に新品が再販されてもおかしくありませんが、新品もすぐに完売して、中古の価格が一気に上昇するサイクルを繰り返しそうな感じがします。

万葉集に関する本は、かなりのアイテムがあります。もし商品を見つけたら、必ずリサーチしてみて下さい。アイテムによっては108円、200円でみつかるかもしれません。


また、今後テレビで特集されることがあったら、一気に価格が上昇すると思いますので、メディアの情報も気にしておきましょう!

-ブックオフ, 単行本

© 2021 中古本せどりの教科書