2020年せどりはどうなる?本せどりは全く不安ありません!

投稿者: | 2020年1月6日

こんにちは。北村です。
久しく投稿できなくて申し訳ございません。その間、新たなビジネスの構築に時間を取られてしまいこちらの更新が全くできませんでした。


2020年になりましたので、再び中古本せどりについて発信していきたいと思っています。どうか引き続きよろしくお願い致します。

2020年のせどりはどうなる?

近年のせどりといえばアマゾンで新品商品を出品して販売する「新品せどり」が主力でした。家電量販店やドンキなどの店舗で仕入れしてアマゾンFBAで販売するスタイルですね。

人気のゲームソフト、本体、ブームになったおもちゃなどを複数仕入できれば稼げる時代でもありました。

しかし昨年くらいからアマゾンではカテゴリーの出品規制がどんどん増えてきました。特にせどりの主力カテゴリーでもあった家電はどんどん出品できなくなっています。

規制がかかっていない商品でも真贋がアマゾンからくることがあります。商品の仕入先の請求書の提示を求められるのです。店舗仕入ですと請求書ではなくレシートの領収書になるので基本的にその商品は出品できなくなります。これが重なるとアカウント停止などのペナルティに繋がっていきます。

アマゾンの出品規制は都度増えていますので、2020年もさらに加速していくと思われます。ヤマダ電機やドンキで仕入れした商品がいきなり仕入れできなくなることもどんどん増えてくるでしょう。

そのため新品せどりをしてアマゾンだけで販売していると、いつどうなるか分からない状況になっていくでしょう。

せどりは中古の時代に

そもそもせどりは中古本をブックオフで仕入れしてアマゾンで販売するスタイルが10年以上前はメインでした。あまりにも稼げることが話題になり、一気に本せどりがブームになりました。

そのためせどらーがあまりにも増えすぎてブックオフがせどらーを締め出すようになりました。それからせどりは本せどりから新品せどりへの時代になっていきました。

しかし昨今のアマゾン出品規制により新品せどりがどんどん厳しくなってきました。新品商品のせどりができなくなったせどらーはどうするのでしょうか?

1つはアマゾン以外の販路で新品せどりをした商品を売る方法です。これは近年増えてきて成果を出している人も多いです。アマゾン販売から販路を変更するとなると現状、ヤフーショッピングがフリマアプリがメインでしょう。

ただしヤフーショッピングは出店の審査があり、なかなか審査に通過しにくくなっている現状もあります。かたやフリマアプリは販売に慣れないと難しいところもあります。つまりアマゾン販売になれていると他の販売は意外に難しいのです。

そこでもう1つがアマゾンでの中古販売です。中古せどりが再び注目されているのです。

中古せどりの中でも本が鉄板!

中古せどりといってもいろいろな商品がありますが、その中でもやっぱり本が一番だと思います。なぜならアマゾンの規制は皆無。安心して販売することができます。

そして仕入金額が何と言っても安い。中古といっても家電やDVDだと仕入金額が高いです。本せどりだと110円から仕入れができ、500円以下の仕入金額でも充分な利益つくることもできます。300円ぐらいの仕入金額でも3万円で仕入したTVゲームと同じ利益を作ることも可能です。

2020年、本せどりにチャレンジしてみては

今後、本せどりが再び見直されてくる機会は増えてくると思います。現在、せどりをしていてアマゾンでの販売に不安を抱いているいる人はぜひ本せどりにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

本せどりの場合、莫大な商品数がありますし、毎日商品が入荷し値下げさせています。そのため本せどりの基礎とノウハウを学べれば安定して稼ぐことができます。特に少額な仕入資金で新品せどり以上に稼ぐこともできるのです。

商売の鉄則は「安く仕入れて高く売る」これが常にできるのも本せどりの醍醐味。ぜひ取り組んでみてはいかがでしょうか。

最後に

2019年後半は新たなチャレンジを始動したため、こちらのブログの更新がおろそかになってしまいました。その間、いろいろなご心配やお問い合わせを頂きましてあらためて感謝申し上げます。

2020年あらたな年がスタートしました。私的にも本せどりは現役プレイヤーでもあり、普段ブックオフに仕入にも行っています。コンサルと仕入ツアーに参加している方にはいろいろと情報をお伝えしていたのですが、今後はこちらのブログでも更新していきたいと思います。

今年度もどうかよろしくお願い致します。