仕入のコツ 本せどり(実践編)

本せどりで稼ぐ方法とは?初心者でも仕入れできるコツを紹介します!

こんにちは。北村です。
昨今、副業としてせどりに取り組む方が増えています。


一般的なせどりの情報ではTVゲームやおもちゃ、家電などを店舗やネットで仕入れして転売する「新品せどり」がたくさん紹介されています。ただしこれらの新品商品は仕入れで1点数千円~数万円するので、10万円程度の仕入資金では話になりません。


月収20万以上を達成するには100万円以上の資金(実際はカード枠)が必要になります。しかもライバルも多く、100万円の仕入れをしても実際利益は数万円、もしくは赤字になっていることもありがちです。


もちろん中には安定的に稼いでいる人もいますが、とても副業のレベルではありません。


そこで副業でせどりをするならば、資金が少なくても始められる「中古本せどり」をおすすめします。資金は数万円あればスタートできるビジネスなので、今回は副業としての本せどりについてお話します。

初心者がまずやる本せどりとは

本せどりを始めようとブックオフに行ってみるとまず何を仕入れすればいいのか分からないと思います。仕入れを教えてくれる人がいなければ自ら情報を集めて仕入れをすることになるでしょう。


しかしブックオフでは物凄い量の本が並んでいます。ここから利益の本を見つけるためには、最初の1ヵ月ぐらいは大変だと思います。


まずはリサーチをすることに慣れましょう。利益関係なく、あなたが好きなジャンルや趣味のコーナーの本をとことんリサーチしてみて下さい。そのあとは次のおすすめのコーナーで実践していきましょう!


おすすめの仕入れ商品① セット本

本せどりで人気なのが「セット本せどり」です。セット本せどりには次の2つの仕入れパターンがあります。

●すでにセットで販売しているものを仕入れて高く販売する
●店舗の棚にバラで並んでいる本を集めてセットで販売する



では2つのパターンをそれぞれ解説していきます。


最初からセット販売されている本

ブックオフではすでにコミックのシリーズ全巻にしているコーナーがあります。セットになった商品を見れば分かるのですが、「完結セット」と「長編セット」の2つの値札シールが貼られています。


ここでは完結セットが仕入れ対象になります。仕入れのコツとしては商品の値札シールを見て「価格÷巻数=100円以下」の商品を狙っていきましょう。


つまり全巻セットでも1冊あたりが100円以下になると利益を作りやすいセットということになります。

さらに値札シールの右上に日付の記載がしていますが、この日付が最新ほどリサーチする価値があります。この日付は店に並べられた日付です。


最新の日付ですとライバルもリサーチしていないものも多いので、より仕入れのチャンスがあるのです。

この値札シールの近くに50%OFF、30%OFFの値下げシールが張られた商品があります。この値下げされた商品は特に狙い目です。


もし50%OFFになっていたら必ずチェックしましょう。半額で1冊あたり100円以下になっていればかなり激熱なセット本です。


なぜなら元は倍の価格で販売していたのですから、利益を生みだす可能性も高くなります。ここが仕入れのコツとなります。


棚にバラで並んでいる本をセットにする

ブックオフの110円コーナーに並んでいる本を集めてセットで販売する方法です。ただし全巻セットを110円コーナーだけで集めることは難しいです。


基本的には全巻セットのうちの8割ぐらい揃っていて、さらに最終巻がある、またはプロパー棚かネットで安く仕入れできるかがコツとなります。


コミックの場合、最終巻に近づくほど発行部数も少なくなっていきます。ブックオフでも前半の巻は110円でありますが、後半はほとんどないというのも当たり前のことです。


ここで上記のようなセットの8割以上が並んでいて充分な利益がでそうでしたらバラの状態でも仕入れをしてみましょう!


足りない巻は抜け巻と呼びますが、抜け巻は次の方法で揃えていきましょう。

POINT

✅仕入れする全ての店舗の110円コーナーでチェックする
✅110円が無理ならプロパーコーナーで仕入れする
✅店舗でみつからない場合はネットで仕入れする



抜け巻はスマホでデータ管理を行い、地道に揃えていくことになります。特に揃えにくいのが最終巻なので、セットにする前に最終巻は本当に安く仕入れすることができのか?と常に検証していきましょう。



アマゾン、他サイトで最終巻のみをリサーチしてみて、それを仕入れしても充分な利益が取れるのか確認します。



仮に18巻セットだった場合、17巻まで110円で揃えられたけど、18巻だけはアマゾン以外に販売していない。しかもアマゾンでは2,000円で販売。その場合は、全巻揃えても利益が出ませんよね。



このようなことがないように全巻セットを作る時は最終巻から揃えることが必要です。



ブックオフの棚に最終巻だけない場合もよくありますので、その時は必ず最終巻の仕入れの目途を付けてから仕入れをすることがポイントです。



おすすめの仕入れ商品② 単品本

単品本とはブックオフの棚にならんでいる単行本、雑誌、文庫、児童書になります。まずは単行本、雑誌のリサーチを重ねていきましょう。この2つのコーナーは本せどりの中でも利益を作る土台にもなります。

本せどりの柱は「単行本」

単行本の簡単な仕入ポイントは「ビジネス」「自己啓発」「哲学・心理学」「占い・スピリチュアル」のコーナーを徹底的にマスターしていきましょう。


頻繁にリサーチしているとリサーチ不要な本を自然と覚えていきますので、次回からはその本をリサーチしなくなるのです。単C(220円)仕入れでしたらこのコーナーの9割はリサーチ不要な本です。この積み重ねが目利き力を付ける基本となります。


このコーナーをマスターしたら他のコーナーを仕入れ対象にしていきましょう。単行本コーナーの仕入れができるようになるとせどりの利益が大幅に上がっていきます。

check

ビーム全頭から卒業したいと思う方はご相談下さい!

仕入同行(ブックオフ仕入れツアー)も行っています。単行本、雑誌のコーナーは全ての棚の特徴、見方、著者など仕入れのコツをお伝えします。初心者の方でしたら最短で仕入れのコツをマスターすることが可能です。


高利益商品もある「雑誌」

単行本と同じく単品せどりで稼ぎやすいのが雑誌コーナーです。単行本と比べると増刷されずに絶版の本も多いのでプレ値になる本も多く存在します。


例えば音楽系の本。かなりの数がならんでいます。1回だけしか発刊されていない本も多く、しかもマニアックな本がたくさんあります。


音楽系の本でしたら有名なバンドやアーティストのイメージがあります。もちろんそのような本もたくさんありますが、全く知らないようなアーティストや、誰が買うのかと思うような楽器の本もあります。


マニアックな本を探してみると思わぬ高利益本に出合えるのが雑誌コーナーの特徴です。また高額な専門書も多いので値下げされている本があったらリサーチ必須です。一撃で利益5,000円以上の本とで出会えることもあります。


ただしせどり初心者の方は雑誌の仕入れはせどりに慣れてきたころから始めるのがいいと思います。


商品がかなり膨大にあるのはもちろんですが、リサーチのポイントがかなり多いのです。そのためセット本と単行本をマスターしたら雑誌にチャレンジするがいいと思います。

まとめ

本せどりは初心者でも資金が少なくて稼ぐことが可能です。僕もいろいろなせどりを実践してきましたが、これほど低資金で稼げるせどりは他にはないでしょう。


しかし自己流で実践していると売れない商品を仕入れしてしまうことが多く、せっかく稼げるビジネスなのに挫折しがちです。


本せどりは低資金で確実に稼げるビジネスです。そのためには仕入れのコツをマスターしていきましょう!


楽しみながらせどりができるのも本せどりの醍醐味です。ぜひ本せどりで稼いで下さいね!

-仕入のコツ, 本せどり(実践編)

© 2021 中古本せどりで副収入10万円を稼ごう!