本せどり(実践編)

せどりの悩みとは?

せどりを始めて、初めて商品が売れるとテンションがあがりますね!そしてもっと売上を上げていきたいと思い、仕入を増やしていきます。しかし順調に売上が上がっていくにつれ、悩みも多くなっていきます。

・安定した売上を作るための仕入をどうするか?
・商品の発送が増えてどんどん忙しくなっている・・・


そんなせどりではありがちな悩みを解説したいと思います。

安定した売上を作るために仕入はどうするか?

この悩みは売れなくても、どんどん売上が上がってきても考える究極な悩みです。せどり初心者の方でも、利益1万円作るにはどんな商品を仕入すればよいか、など考えますね。


また利益30万円稼げるようになっても、50万にするにはどうすれば良いか考えてしまいます。よくありがちなノウハウでは、売れる商品情報をゲットして大量仕入して利益を作る手法です。


しかし資金力がある人でしたら、最初からでもいいと思いますが、基本的にせどりで副収入を稼ぎたい人は資金に余裕が無い人が大半だと思います。


なので、このブログのテーマのようにまずは、資金が少なくても副収入で毎月利益10万円を作る仕組づくりが大切です。この稼ぐ手法や情報に関しては、このブログで今後配信していく情報も参考になりると思います。


そして仕入時間に限りがあっても、仕入できる力を身に着けていくことが大切です。せどりもいろいろなジャンルやカテゴリーによって仕入れるコツや見るべき棚、場所があります。このポイントを掴むと、仕入力もかなりつきますので、安定した仕入ができるようになりますよ。


独自で学んでいくことももちろん重要ですが、短時間で仕入のポイントを掴みたい人は結果を出している人からノウハウを教えてもらうのが早いです。せどりのスクールやコミュニティ、また個人的にマンツーマンで指導してもうらう手法もあります。


僕もコンサルなどをやっていますが、僕の場合は、マンツーマンで実践して稼げる手法をマスターしてもらうスタイルです。仕入もお住まいの地域によって分析し、ブックオフ以外の仕入、アマゾン以外の販売も一緒に実践していきます。

商品発送の悩みを解決するには?

自己発送の場合、売れば売るほど、発送が大変になるというジレンマです。ただ自己発送のほうが利益が取れるので、人件費があまりかからない場合は自己発送を行っている人も多いでしょう。


一般的にアマゾンでの販売の場合、FBAを使って発送の手間を無くすことがある意味セオリーになっています。ただしFBAのデメリットとして手数料が高い点があげられます。


手数料の高いFBAの場合、低価格の商品は販売し難いです。本の場合、単品での販売価格が他のジャンルより低いので、単品でのFBA販売ではかなりの薄利になってしまいます。


そこで低単価商品の販売ではなく、高単価商品に絞る必要があります。もちろん、自己発送が可能な人は低単価商品の販売でもかなり利益を取ることができます。


しかし副業で稼ぐ場合、アマゾンでの販売はFBAを利用することがベストだと思います。手数料が高い分、それでも充分な利益を取れる商品を仕入していくことが重要です。そういう面では、単価1,000円以上の商品が必須です。


また、自己発送の作業を自分で仕組み化する方法もあります。これができれば、自己発送とFBAを併用できるので、個人的にはおすすめです。


次の記事では発送について、もう少し詳しく説明していきたいと思います。

-本せどり(実践編)

© 2021 中古本せどりで副収入10万円を稼ごう!