本せどり(準備編)

せどりでクレジットカードの使用、実は注意が必要です!

こんにちは。北村です。
前回、せどりの資金についてお話しました。少ない資金からスタートして、着実に資金を増やしていく方法です。その結果、ある程度資金が貯まったら、高額商品の仕入や、新品商品の複数仕入で利益を加速させるお話をしました。


しかし、資金が無い人でも現実は仕入をすることができます。それはクレジットカードを使用して仕入をすることです。極端な話、仕入資金が手持ちゼロでも、クレジットカードを使えば仕入をすることができます。


でも、実は非常に危険なことでもあります。今日はクレジットカードでの仕入についてお話していきます。

クレジットカードの支払いスケジュールとは

ここで一般的なクレジットカードの支払いパターンを確認しておきましょう。

クレジットカードを使用した場合、上の図の利用期間中(今月16日~翌月15日)に仕入した合計金額を翌々月の10日にまとめて支払うことができます。一番お得なのは、今月16日に仕入した金額を翌々月に支払うことができます。最長55日後に支払うことができる点です。


よくせどりの世界で言われるのが、カード利用期間にとことん仕入して、カードの引き落とし日までに売上をとことん作ること。そして引き落とし日までに支払い金額を回収していくことと言われます。


でも、上の図を見ると非常に分かりやすいのですが、利用期間の最後15日から、口座引き落とし日までは25日ということになります。ここで分かるのは、最長55日後、最短25日後には支払いをしなくてはいけないことです。


もっと分かりやすく説明すると、期間中に50万円(カードの限度額)まで仕入をしたと仮定します。この間に仕入れた50万円は、25日後の翌月10日にまとめて支払わなくてはなりません。


さて、みなさんはこの期間中50万円を仕入れて、翌月に無事に仕入金額50万円を支払いをすることができますか?

50万円ならなんとかできると思うかもしれません。しかしこれは正解ではありません。


なぜなら50万円は仕入金額。これをただ支払い日に支払っただけです。せどりはビジネスです。稼ぐことが目的です。50万円の仕入金額を使ったら、利益は10万とか残さなければなりません。そして利益を除いて、50万円の仕入金額を支払うことが正解です。

クレジットカードの罠とは?

クレジットカードを使った場合の支払いスケジュールは十分に確認できたかと思います。ここで問題なのが、仕入金額を口座引き落とし日に支払うことができるのかということです。


一般的には、クレジットカードを使った場合、支払い日にまとめて支払う金額は給与の範囲内かと思います。当然、利用金額と支払い金額を計画して使う方が多いと思います。


しかし、仕入の場合は、金額を計画することはありません。どちらかというと限度額まで仕入ができると考えてしまいます。つまり限度額=仕入金額になっているのです。このクレジットカードの限度額は、手持ちの資金ではなく、これから生み出す資金なのです。ここがクレジットカード一番の罠です。

使った仕入資金の支払いは、仕入れた商品を売って後で作りましょう!ということになります。多くのせどりスクールでもクレジットカードを仕入資金にして仕入をする手法を推奨しています。中にはカードをとことん作って、仕入資金を数百万まで作って名一杯仕入する手法を教えているところもあるようです。


しかし、現実としてたくさん作ったクレジットカードで100万円仕入をしたら、翌月の支払日に100万円を支払うことができるのでしょうか?ここが2つ目の罠です。


普通に支払いができれば何も問題ありませんが、支払い金額が足りなそうな場合は、なんとかして現金を捻出する必要があります。そのため、仕入した商品を売りまくり、最後は、利益度外視で現金化することに走ります。こうなると、完全に自転車操業になっていきます。

クレジットカードの使用は慎重に

自転車操業になってしまうと、仕入資金を支払うために、せどりを行うという逆の動きになってしまいます。これでは、副業で安定した利益を稼ぐ手法から的外れになってしまいます。


でもこの現実は、せどりの実践者でも結構いるのではないでしょうか。単純に資金不足なので、カードを増やしてカード利用枠を増やし、仕入をどんどんして翌月の支払い金額に充てていくパターンです。


また、クレジットカードで仕入をすると、カードによっては1%前後のポイントやマイルが貯まるため、その付加価値を得るために使っている人も多いかと思います。確かにカードのポイントやマイルの付加価値はメリットです。現金で仕入することと比べると、1ヵ月でポイントという利点でも相当な違いが生じます。


ただしポイントやマイルは、きちんと仕入金額の支払いが順調にできて、さらに利益をだしている人が利用するべきものです。翌月の支払い金額のためにせどりをするようでしたら、ポイントなどはどうでもよくて、それよりも正常な支払いサイクルに戻していくことが必要です。


カードの支払いが大変になってくると、仕入の段階で利益度外視になってくる可能性もあります。そうなるとせどりの目的とは逆になってしまいますので、徐々に修正していく必要があるでしょう。

ここまでお話ですと、クレジットカードはデメリットということになってしましますが、そうではありません。せどりに精通してきて、ある程度、資金繰りに余裕ができてきたら、カードを使っていきましょう!


せどりに精通してくると大きな仕入をしても確実に利益を出せるようになっていきます。大きな仕入を一度にできるのはクレジットカードの魅力です。そうなるとカード限度額の合計までが、仕入資金になります。月に数百万のカード仕入をしていても、利益をどんどん増やしていくこともできるようになります。

 

では、クレジットカードを使わない仕入の場合は、全て現金仕入が良いのでしょうか。その点は後日にお話したいと思います。

-本せどり(準備編)

© 2021 中古本せどりの教科書