【本せどり】「ビームせどり」ってどうなの?メリット、デメリットとは

投稿者: | 2019年3月21日

こんにちは。北村です。
せどりをやっている人ではビームせどりはお馴染みのでしょう。しかし、初めてせどりをする人は、よく分らないと思いますので、お話しますね。

ビームせどりとは

ビームせどりは小型のバーコードリーダーを使って、商品のバーコード部分をビームで読み取り、読み取ったデータをスマホに反映させるリサーチ方法です。


このせどりの手法は、ブックオフせどりはブームになり始めた時、一般的になりました。現在では、中古せどりはもちろんですが、新品せどりでも一般的になっています。ヤマダ電機やドン・キホーテでの仕入でも重宝されています。

バーコードリーダーとは

一般的にせどりで使われているバーコードリーダーはKOAMTAC製の「KDC200」シリーズです。アマゾンでも販売されています。結構高額ですので、中古で購入される人も多いですね。


使い方としては次のようなイメージです。

バーコードリーダーから発射されるビームを、リサーチする商品のバーコード部分にあてていきます。本せどりでしたら、本棚に並んでいる本を上から順番にビームを当てていきます。


慣れている人ですと、指で本をはじき出して、本の裏面バーコード部分を露出させ、ビームを連射します。そして順番にどんどんリサーチしています。

ビームせどりのメリットとは

一番のメリットは商品を順番、簡単にリサーチできるので、商品知識が無くとも仕入ができることです。


お目当てのコーナーを全てリサーチするので、漏れもほとんどなく、確実に利益商品を見つけることができます。バーコードリーダーとスマホさえあれば、初心者でもすぐにたくさんの商品をリサーチすることができます。

ビームせどりのデメリットとは

まずは、実践する勇気と強いハートが必要です。一般のお客様がいなければまだいいですが、夕方や週末など、店内が混む時間帯ですと確実に目立ちます。一般の人から見れば、棚卸の業者のように見えてしまいます。


そして本に赤いレーザービームを当てている姿を見て、「この人は何をやっているんだどう?」と白い目で見られがちです。このシチュエーションに耐えられる人でないと、ビームせどりはできません。


そもそもビームせどりを禁止している店舗もあります。脚立に上ってまでビームでリサーチしている光景は目立ちすぎるので、店員に注意されている光景は僕も何度も目撃しました。


また、一番のデメリットは、無駄な作業が多すぎることです。例えば、一般的なブックオフの売場の棚を想像してみて下さい。かなりの本が並んでいますね。この本を上から下まで順番にビームで検索していきますが、1つの棚ぐらいですと、実際に仕入できる商品はかなり限られてきます。


1冊あたり50円~100円程度の利益でよければ多少(それでも多少だと思います)仕入ができますが、それ以上の利益を求めるとなるとかなりハードルが高いです。


それでもビームせどりの場合は全ての商品をリサーチするので、狙ったコーナー全ての商品をリサーチします。実際に結構時間がかかります。


極端な話をしますと、いざリサーチしようと思って店にいきましたが、実はその1時間前に同じビームせどりのライバルがリサーチ終了。すでに店から退散しました。そのあとに、何も知らずに順番にリサーチを始めることになります。


当然、最初から最後までほとんど仕入できる商品を見つけることはできないでしょう。この間の数時間が全く無駄な作業になります。もちろん途中で見切って、止めることもあるでしょう。


機械的な作業になってしまうので、どうしても無駄な作業が多く発生してしまいます。多くのビームせどりを推奨している方は、このリスクをお話していません。

実際にビームせどりは必要か?

ここからが本題になりますが、僕の考えですので、これが正解をは限りません。個人的にビームせどりは、あまり必要ないと思っています。


現在のブックオフでは、順番にリサーチしても費用対効果のある利益商品を都度仕入できるかが非常に疑問だからです。


これは仕入するコーナーによりますが、108円や200円のコーナーは間違いなくビームせどりのリサーチを止めた方がいいと思います。先にお話したように、かなりの薄利でよければまだいいですが、基本的に心が折れてしまいがちです。


ただ、ビームを持っていしれば一度体感してみる価値はあります。それをやることによって、いかに大変かが分かるでしょう。


僕が思うビームせどりで、まだやってもいいかなと思うのは、プロパー棚のせどりです。プロパー棚(ブックオフの特価ではない通常の棚)を順番にリサーチすることです。プロパー棚に並んでいる商品は見れば分かりますが、108円の特価よりも状態が綺麗なものが多く、新しい本も多いです。リサーチしてみるとランキングも高い本が多いです。

逆に108円の本はランキングも悪く、安い本が多いです。つまりプロパー棚でしたら、多少の薄利でもすぐに売れるので、キャッシュフローがいいです。

ただし、一番の問題点は仕入金額が非常に高いこと。プロパー棚の商品ですと500円、760円、980円など当たり前なので、普通に仕入たらとんでもない金額になります。資金力がある人だけが出来る手法になってしまいます。


ビームを使ったせどりとしておすめなのは、特定のコーナーに絞ってリサーチすること。また一般の棚は商品を絞ってリサーチすること。ただし、この手法は僕が直接指導する時にだけお話しています。


尚、僕自身は全くビームを使わないです。ビームを使わなくともブックオフでは充分に稼ぐことができます。ビームせどりはちょっと・・・、ビームせどりを脱却したいと考えている方は、ご相談下さいね。