本せどり(準備編)

本せどりはやっぱり稼げます!

ブックオフせどりが一時ブームになったため、ブックオフはせどり排除の動きになりました。店内せどり禁止、セールの廃止、販売価格の値上げが実施され、ブックオフでの本せどりはかなり淘汰されました。


昔はブックオフに行けば、ビームせどりによく遭遇しましたが、滅多に見なくなりましたね。ライバルが激減したため、現在はかなり仕入がしやすい環境でもあります。

でもいまさら本せどり!なんて思う人もいるかと思います。現在はいろいろなジャンルでせどりが展開されていますね。


一番競争が激しいのは新品せどりでゲーム、おもちゃ、家電などでしょうか。
僕自身も新品せどりの発信を行っており、ヤマダ電機やイオンなどの仕入動画も撮影し、仕入のポイントを動画配信しています。

新品せどりのメリットは利益のある同一商品を複数仕入することが出来る点です。店舗で利益が1,000円取れ、しかもAmazonランキング3桁。こんな商品を店舗で見つけたら、店の在庫を全部仕入れたくなるでしょう。


店に在庫が5個あれば1,000円×5個で利益5,000円。さらにチェーン店の場合、他店で同じ価格で仕入をして利益を積み重ねる。


さらに別の量販店やスーパーなどでも仕入して、利益を上乗せする。つまり1つの利益商品を見つけたら、複数仕入れて利益をどんどん上積みすることができます。

一方、中古せどりの場合は、同一商品を複数仕入することは難しいです。中古のため、それぞれのコンディションが異なることが理由です。


ただ一番の魅力は仕入金額の安さではないでしょうか。1点は108円、200円からでかなりリーズナブルです。複数仕入れても2万円もあればかなり仕入することも可能です。

でも、新品せどりの場合、1点の仕入金額が5,000円以上なんて当たり前で30,000万円ぐらいまでの商品でしたら普通に仕入するのではないでしょうか。複数仕入すれば、あっという間に1店舗で100,000円くらいになってしまうこともあります。


月間で100万単位で仕入することもありますね。まさに資金(クレジットカードでしたらカード枠)が必要です。


さらに利益率も大きく異なります。中古せどりでは30%~40%が可能です。新品せどりは~15%度が主流で、価格競争になると10%以下になることも多く、下手をすればマイナスも充分にありえます。

せどりの場合は、圧倒的に仕入金額が安いので、仕資金が少なくても出きる。ラバルは激減、出品者も少ない。商は高回転で販売できるので、キャッシュフローが良い。激い価格競争がない。な、メリットが非常に多いです。

デメリットとしては、検品、クリーニングが大変です。仕入商品によっては薄利多売になるなどあります。この点は低単価商品を集約して販売する手法(セット化)をしてけば高単価、高利益で販売することも可能です。

本せどりは一番リスクが無くて稼ぎやすいせどり手法です。ぜひ実践してみることをお勧めします!

-本せどり(準備編)

© 2021 中古本せどりの教科書