本せどり(実践編)

LINE Payで仕入すると超お得!

こんにちは。北村です。
せどりで仕入をする時にみなさんは何で代金を支払いしていますか?


いままでは現金かクレジットカードのイメージでしたが、最近ではキャッシュレス化の流れもあり、いろいろな決済方法が誕生してきました。


今日はその中でも特におすすめ「LINE Pay」についてお話したいと思います。


せどりでの支払い方法は

以前、クレジットカードでの仕入は注意が必要と投稿しました。これは実際にカードで仕入した場合、確実に決済日に支払いができるかどうかということです。


支払いが厳しくなると、支払い金額捻出のために利益度外視の仕入になりがちです。結果、カードの支払いのためにせどりをやらざるを得ない環境になるかもしれません。


確かにカードで支払うと、決済は1ヵ月ぐらい先になるので、どんどん仕入をしてしまいがちです。しかし最終的に支払いが厳しくなってくると、カードを使うメリットは全くなくなります。


そこで、せどりでの仕入はなるべくカードを使わないで、即決済の方法で仕入をしたほうが安全です。


ただ仕入で支払いをするならばポイントとかの還元が欲しいですよね。クレジットカードの場合でしたら、利用金額の1%ぐらいの還元が多いのでしょうか。


もちろん現金での支払いでは何もメリットがありません。そこでおすすめなものとして「LINE Pay」があります。


LINE Payとは

LINE Pay(ラインペイ)」はLINEによってリリースされた決済アプリです。LINE Payは登録やチャージも非常に簡単であり、アプリと銀行口座があれば誰でも利用することができます。


チャージも金額を指定してクリックすると自分の登録銀行口座からすぐに送金されてきます。

セキュリティも高く、決済手段としても高い信頼を得ています。スマホ決済が増えるにつれて、LINE Payの利用はどんどん増えていくと思います。


ポイント還元について

LINE Payは支払いの時に利用すると、チャージしていた金額から即代金が引き落としされます。そして数日後に支払金額に対してポイントが還元されます。このポイント還元が実は一番のメリットです。


クレジットカードですとカードによって還元率が決まっています。ゼロのものも結構ありますが、0.5%~1%ぐらいが標準です。中には2%の高還元率のカードもありますが、年会費2万~3万ぐらいのカードが多いです。


カードのポイントは貯めていくと指定の商品やマイル、カード代金の支払いに充てられるものが多いです。中でもマイルを貯めることにこだわっている方もいると思います。


一方LINE Payですが、ポイント還元率は0.5%~2%あります。還元率は使用者によって変わってきます。


ポイント還元率2%は凄い!

LINE Payのポイント還元率については分かったかと思います。しかし0.5%~2%って大部違う!と思う方も多いでしょう。2%還元なんて月100万円以上使う人だけでしょう!と思うかも知れません。


実はこのLINE Payの還元率は、前月のLINE Pay利用金額によって決まります。しかも驚くほどハードルが低く、100万円の仕入は必要ありません。


実は、10万円以上使えば翌月2%のポイント還元になってしまいます\(^o^)/

LINE Payでは利用者のランクが4段階あります。グリーン、ブルー、レッド、ホワイトとあり、グリーンが一番上のランクになります。このグリーンになるとポイント還元率が2%になります。


最高ランクのグリーンになるには、前月に10万円以上決済すればOKです!めちゃくちゃハードルが低いですね!これはクレジットカードよりもポイント還元率が高いです!


貯まったポイントは LINE Payに交換すると、1ポイント=1円分のチャージ金額として加算できます。つまりポイント分、チャージすることができるので、実質現金のキャッシュバックと同じです。


また上の画像3%ポイントアップですが、これはスマホ決済ができる店舗のみポイントアップされます。スマホの画面を見せてお店でスキャンしてもうらう決済方法です。そのため一部の店舗しか利用できません。


せどりで使える主な店舗は、ヤマダ電機、コジマ、ケーズ電機、ビックカメラ、エディオン、ゲオなどがあります。またファミリーマート、ローソン、スターバックスでも使えます。

ランクは前月の利用実績によって変わってきます。そのため最初は前月実績が無いので、自動的にホワイトの0.5%になってしまいます。


2%のグリーンになるまでは1ヵ月の我慢が必要です。ただし、1回グリーンになってしまえば、ずうっとグリーンのまま継続できると思います(毎月10万円以上の決済をすれば良い)


ブックオフでLINE Payはどう使うのか?

ここまでお話してきましたが、ブックオフでLINE Payはどうにして使うのでしょうか?スマホを表示すれば使えるのでしょうか?


実は、ブックオフでLINE Payを使うには「LINE Payカード」を作成する必要があります。

このLINE PayカードはLINEが発行している、JCBブランドのプリペイドカードです。審査や手数料も不要で、誰でも簡単に発行することができます。


JCBブランドなので、JCB加盟店であればクレジットカードのように使うことができます。ただし事前にチャージした分だけの利用になります。


つまり仕入枠はチャージした金額の範囲内なので、中古本せどり的には理想なカードになります。カードの発行までは1~2週間かかります。


LINE Payカードが届いたら早速チャージしてブックオフで使ってみましょう。使い方は会計時にこのカードを渡すだけです。自筆のサインが必要になりますが、基本的にクレジットカードと同じ使い方です。


前月10万円以上の利用があれば、マイカラーがグリーンになるので、金額の2%のポイントが貯まります。

LINE Payを使ってブックオフで仕入をし続ければ、かなりのポイントが貯まります。月10万円の仕入でしたら、2,000円。20万円でしたら4,000円です。


同時にブックオフのポイントカードも1%加算されますので、合計3%分はポイントが貯まる計算になります。


さらにこのLINE Payカードは、JCBカードが使える店舗では大半使えますので、その分ポイントが貯まります。日用品や食品、買物、飲み代など、仕入以外でも利用していけば月に5,000円以上ポイントを貯めることが可能です。


LINE Payカードを仕入として使う時の注意点

ここまでは、LINE Payのメリットを説明してきました。逆に注意することもあります。


まず、決済はクレジットカードと同じようにできますが、1ヵ月の支払い明細書が発行されません。


そのため確定申告の時にはブックオフのレシートが領収書と同じ役割になってきますので、必ず保管しておいて下さい。


またプリペイドカードになりますので紛失に注意が必要です。万一紛失した場合は、スマホアプリから自分でカード利用停止を行います。


不正使用された場合は、10万円までの補償があります。そのため、10万円以上のチャージはしておかないほうがいいかと思います。


LINE Payは決済するとすぐにスマホに明細が届くので、不正使用もすぐに分かります。万一のことに備えて、対応も事前に確認しておいたほうがいいかと思います。


20%キャッシュバックキャンペーン超お得!

最後にお得なキャンペーンのご紹介です。実はこのLINE Pay、毎月いろいろなキャンペーンを行っています。


ここ数か月は月末の一定期間に利用金額の20%をキャッシュバックするキャンペーンを行っています。※上限5,000円


ブックオフで1ヵ月20万円仕入して2%のポイントが付けば4,000ポイント付きます。


さらに5,000円のポイントが追加されてきます。※キャンペーンポイントは2か月後に加算予定 


他にも期間限定で家電量販店20%ポイント還元、ファミリーマート300円クーポン発行など、キャンペーンが盛りだくさんです。


この流れはしばらく続いていくでしょう。10月には消費税の増税に伴い、政府がポイント還元の方針を打ち出していますね。


LINE Payの他にも「ペイペイ」「楽天ペイ」など、いろいろなキャンペーンが告知されています。


新品せどりでしたら、ペイペイ、LINE Pay、電脳せどりでしたら、楽天ペイなど用途を分けてもいいかと思います。


ブックオフで仕入するならば、LINE Payカードがお得です。もちろん申込は無料なので、ぜひ作成してみて下さい。

-本せどり(実践編)

© 2021 中古本せどりで副収入10万円を稼ごう!