新型コロナウイルスによる本せどりの影響はどうなのか

投稿者: | 2020年4月5日

こんにちは。北村です。
新型コロナウイルスの状況については毎日報道されているように世界中で多大な影響が及ぼされています。

全ての人に影響がある新型コロナウイルスですが、今後本せどりをしていく際、店舗へ仕入れに行って良いのか不安になるかもしれません。

今回はこのような状況下で仕入れに行く時、絶対に注意しなくてはいけないことをまとめてみました。

この時期、せどりに行くのは不安かも?

一般的にはイベントや娯楽を自粛することが多くなっています。4月になってからは営業を自粛する飲食店などの店舗も増えてきました。

また仕事においても在宅ワークができる業種は限られていますので、多くの方は通勤をしなくてはなりません。新型コロナウイルスの不安から仕事を休むことは難しいのが現状だと思います。

電車通勤をする人ならば感染に不安があっても電車の使用を避けることはできませんよね。でもせどりの場合はどうでしょうか。

本せどりを本業にされている方は店舗(ブックオフ)へ仕入に行く必要があります。電脳せどりだけで成り立つことは難しいですよね。

そのため本業の場合、仕入れに行かないという判断は考えにくいです。長期行かなければ売上も鈍化して生活できなくなる可能性があります。

逆に副業の場合は個人的な判断次第となると思います。仕入れに行くことに不安を感じている方は無理していく必要もないかと思います。

仕入れは自己判断で

新型コロナウイルスが流行っているので外出のリスクが高いことは百も承知ですが、現状かなり地域差があります。

東京、神奈川、大阪などは感染者が毎日増えていますが地域によってはまだ感染者がほとんどいない地域もあるようです(4/3現在)

そのため仕入れに行くことが危険というわけではありません。実際には東京都内でも普通に本せどりをしている人はたくさんいます。

もちろん行く行かないは自己判断になりますが、仕入れに行く場合は以下の記事のような注意が必要になると思っています。

この時期の仕入れで注意したいこと

この時期ブックオフへ仕入れに行く場合ですが、みなさんは何を気を付けていますが?

仕入れのマナーとしても気を付けたい点を挙げてみました。専門的な国のコロナウイルス関連情報を見てみて下さい。

仕入れの時はマスクを着用しよう!

ブックオフで仕入れをする時には必ずマスクを着用しましょう。もちろん連日マスクが入手できないという状況は重々承知ですが、使い捨てではなく再利用していくこともこの時期必要かと思います。

実際に使い捨てマスクを再利用する方法もネットで多く公開されています。マスクの再利用、洗い方の方法の情報は情報検索してみて下さい。

また洗えるマスクは使い捨てよりも購入できる確率が高いようですので、注目してみてください。

仕入れ時間は短くする!

ブックオフでも新型コロナウイルスの影響で立ち読み客に対して30分以内の時間制限をアナウンスするようになりました。そのためせどりをする立場でも長時間店舗に滞在するのはよくないと思います。

自分は立ち読みではなく、仕入れをして商品を購入するんだからいいのではと思うかもしれませんが、店の立場からみれば立ち読みもせどりも同じ滞在者になると思います。長時間の仕入れによる滞在は今の段階しないほうがよさそうです。

アルコール消毒液で消毒を

仕入れでは多数の本などを触るため、店舗を出た時に必ずアルコール消毒を実施しましょう!店舗によっては出入口に置いてありますので、消毒液で手を念入りに消毒していきます。

消毒液は車で仕入れする場合は常時車内に置いておきましょう。電車で仕入れする場合は携帯用のボトルに入れておくと便利です。

アルコール消毒液も入手困難ですが、高いものですと見つかるかもしれません。できるだけ手に入れておきたいところです。

時間限定で仕入れをすることができますか?

先みお話したように、1店舗で長時間仕入れをしていると今の時期はどうしても目立ってしまいます。立ち読み規制をしている店舗でしたら注意されてもおかしくありません。

そのため店へ仕入れに行く時は30分~1時間以内で仕入れができるイメージで行ったほうがいいでしょう。

本せどりに慣れていたり、目利きができる人でしたら1時間もあれば充分なのでしょうが一般的には非常に難しいです。

ただし僕が思うには普段の時期でも1時間の仕入れを目途にするのがいいと思います。短時間で仕入れができれば複数の店舗への仕入れもできますし、副業の場合は仕入時間の時短はかなりのメリットと思います。

短時間で仕入れができるにはある程度の目利きとノウハウが必要になりますが、もしマスターしたいならば当ブログが主催していますブックオフ仕入ツアー(仕入同行)をご利用下さい!

店のイベント、セールに注目しよう!

当然これだけ新型コロナウイルスが報道されているとブックオフに行く一般のお客様も少なくなりがちです。

ブックオフはもちろん一般の店舗でも客数が減ったら売上に影響しますので、この時期、またこれからの時期は店舗でも来店客を増やす仕掛けをしてくると思います。

実際にブックオフでも年末に行う買取キャンペーンをこの時期に行う店舗も多くあるようです。来店客と売りに来る方いないとブックオフでも商売が成り立ちません。

本を売りに来る人は買取キャンペーンなどでこの時期でも増えるかもしれません。

本が大量に入荷したら店舗でも値下げ、ところてんを大量に行いますので、店のキャンペーンは注目しておきましょう!

店舗の営業時間に注意しよう!

現在、様々な店舗での営業自粛や大型店舗の休館、娯楽施設の閉園など増えてきている状況です。そしてブックオフもその対象になりつつあります。

ショッピングモールなどの中にテナントとして入店している店舗の場合は、全館閉店になることもあります。また各地の店舗で営業時間の変更、短縮も増えてきています。

従来の21時閉店が20時閉店になった店もあるので、会社帰りで仕入れをする方は注意が必要です。

また今週末は19時閉店になる店も多いようです。従来よりも3時間営業時間が短縮されてしまうので、いざ店に行ったら閉店していたなんてこともあるかもしれません。

今後は自分が仕入れに行く店舗の営業時間は必ずチェックしておいた方が良いでしょう。しかも毎週変動があるかもしれません。

まとめ

連日全国で感染者が急増している新型コロナウイルス。本せどりの場合はブックオフでの仕入れがメインになるので実際に店舗に行っての仕入れになります。仕入れに行く際は最低限の予防が必要になります。

また実際にはブックオフへ仕入れに行くよりも日常で使う公共機関、買物に行くコンビニ、スーパーなどのほうが人混みが多いと思います。仕入れに行く時以外でも日々の生活の中でコロナ対策を必ずしていきましょう!