ブックオフ

40代、50代でもできる『ブックオフせどり』を紹介します!

こんにちは。北村です。
前回は40代、50代でもできる副業について紹介しました。その中で「せどり」を紹介してみました。今回はせどりについて詳しく説明していきたいと思います。

せどりは主に2つの種類があります。一般的には「新品せどり」と「中古せどり」です。まずはこの2つのせどりについて説明してみます。


前回の投稿はこちらからご欄下さい。

『新品せどり』とは

店舗やネットで新品の商品を仕入してアマゾンで販売するせどりになります。販売商品は家電、日用品、雑貨、おもちゃ、ゲーム、化粧品、消耗品などたくさんあります。


仕入先はヤマダ電機などの家電量販店、イオンなどのスーパー、トイザらスなどの専門店、楽天などのネットサイトです。

新品せどりのメリット

  • 商品を早く販売することができる
  • 売れる商品を複数仕入することができる
  • 新品なので検品が不要
  • 仕入対象店舗が多数ある

新品せどりのメリットは、すぐに売れる商品を複数仕入することができるということです。出品すればすぐ売れる商品もたくさんありますので、そのような商品を複数仕入できれば利益をどんどん増やすことが可能です。

新品せどりのデメリット

  • 仕入価格が高い
  • 価格の変動が激しい
  • 短期で販売しないと資金繰りが大変

一番のデメリットは仕入価格が高いということです3,000円、5,000円はあたりまえで数万円の仕入商品も多くあります。


そして出品しているライバルが多いので価格の変動が激しいです。5,000円で販売したかった商品ですが、ライバルが安く販売していくことも多いので、希望の価格で販売することが難しい時もあります。


またクレジットカードで仕入した場合、支払い日までに商品を販売しておく必要があります。

『中古せどり』とは

文字通り中古商品を仕入して販売するせどりになります。一般的にブックオフで仕入をすることが多いです。他にもハードオフやリサイクルショップなどあります。販売商品は本、CD、DVD、家電、ゲーム、ホビーなどあります。

中古せどりのメリット

  • 仕入金額が安い
  • 資金が少なくてもスタートできる
  • 利益率が高い

中古せどりでは仕入金額が安くて利益率が高いことが最大のメリットです。資金もスタート段階では数万円~10万円の範囲でできます。新品商品では利益率10~15%ぐらいですが、中古ですと30%~50%ぐらいの利益があります。

中古せどりのデメリット

  • 仕入が不安定
  • 新品よりも仕入が難しい
  • 検品、クリーニングが大変
  • 在庫リスクがある

新品せどりと比べるとどうしても仕入が難しいです。それは同じ商品を仕入することが出来ないので、その場にある商品から新たに利益商品を見つけなくてはならないからです。また仕入した商品の検品などの作業が多く発生します。

新品、中古どちらがよいか

ここまでご覧頂いて新品、中古ともにメリット、デメリットがあることは分かっていただいたのではないでしょうか。


そこで初めてせどりを行うならば「中古せどり」からスタートしたほうがいいと思います。なぜならば仕入資金が少なくてもスタートできる点が大きいです。


副業といってもせどりの場合は自分の資金を投資して利益を獲得するビジネスです。バイトでしたら必然的に給与をもらえますが、せどりの場合は利益がでなければ収入がありません。


せどりで利益を出して稼ぐことは難しいことではありませんが、初心者のうちは必ずしも稼げるとは限りません。それは「仕入商品があいまい」「仕入のノウハウ、コツが分からい」ことが大半です。


最初にせどりをスタートした人を見ているとビックリするぐらい仕入をしている人が結構います。ベテランの人達でも最初のころは「せどりってこんなに利益のある商品が仕入できる。これだったらめちゃくちゃ稼げる!」と思って大量に仕入してしまったこともあるのではないでしょうか。


でも実際は仕入の基準、つまり基礎的なことが分かっていない時期なので、仕入は自己流でいくらでも仕入ができてしまいます。しかし実際は売れない商品が多数発生してしまいます。

つまり初心者のころは仕入の失敗は当たり前です。もちろん最初から仕入を教えてくれる人がいれば全然違いますが、自力で仕入をスタートした場合は、不良在庫は避けられません。


そのため仕入リスクが生じるのは当たり前なので、最初は仕入金額の安い中古せどりからスタートしたほうが賢明です。

中古せどりでおすすめは「本せどり」

仕入金額が少なければ例え商品が売れなくてもリスクは最小限になっていきます。今はいろいろなせどりがありますが、安く仕入れて高利益を作れるせどりは「本せどり」です。


本せどりはブックオフで本を仕入してアマゾンで販売を行います。本でしたら年代関係なく馴染みがあると思いますので、若い人でも年齢が高い人でも問題なく仕入が出来るようになります。

40代、50代におすすめのジャンルは?

本といってもかなりの種類があってイメージが湧かない人もいるかと思います。最初はブックオフに行っても何を仕入してよいのか全く分からないと思います。


特に40代、50代の方ですと最近人気のアニメや漫画などの情報は分かり難くいかも知れません。そこで年配の方に本せどりおすすめのジャンル、コーナーを少しご紹介します。

『文庫コミック』は年配の人のほうが仕入しやすい

ブックオフのコミックは大量の漫画があり、何を仕入していいか分かり難いです。そこで年配者はもちろんですが、せどり初心者にもおすすめのコーナーが「文庫版コミック」です。


このコーナーは往年の名作漫画を文庫版サイズにしたもので、タイトルを見るだけで年配の方でも結構知っている、また子供のころ、学生のころに読んだ作品が結構並んでいます。今の若い人より40代、50代の人のほうが見ただけで分かると思います。


この文庫コミックの中で108円で販売しているコミックを全巻セットにして販売していきましょう!コミックは普通1巻から読み始めて、好きになれば最終巻まで読みたくなるはずです。


ユーザーからみると1巻、2巻と順番に購入するのはめんどくさいので、多少高くても全巻セットを初めから購入したい人はたくさんいます。


そのため、なるべく108円で全巻揃えて、アマゾン(ヤフオク、メルカリでもOK)で付加価値を付けて販売していきます。文庫コミックのセットは高利益が期待できるので、ここからスタートする人も多いです。

『ビジネス本』はぜひともマスターしたい

40代、50代でしたらビジネス本を多く読んだこともあると思いますので、リサーチする時でもあまり抵抗ないのではないでしょうか。ビジネス書のコーナーは種類が多いのでコーナーを一気にリサーチするのではなく、少しづつリサーチしてしていくことが良いでしょう。


例えば「マーケティング」だけを徹底的にリサーチします。繰り返しリサーチしているとマーケティングの中でもリサーチしなくてよい商品が分かっていきます。


リサーチしなくてよい商品が分かれば、次回からその商品はリサーチしなくてよくなります。店の在庫にもよりますので、最初は棚1つ、2つくらいからリサーチしていきましょう。

スポーツや音楽、趣味の本

男性でしたらスポーツ、音楽の本が分かりやすいでしょう。スポーツの本でしたら単行本ばそうでもないですが、雑誌でしたらかなりの種類があります。そのためサッカー、バスケなどいくつかの競技に絞ったほうがいいです。


また音楽でしたらバンドスコアなどの楽譜が狙い目です。以前記事で紹介していますので、ご覧下さい。

 

趣味の本はたくさんありますが、最初は将棋の本、カメラ雑誌がおすすめです。将棋は年代関係なく人気があります。月間誌よりも「穴熊」など手法を解説して
いる本が売れます。


カメラの本は雑誌コーナーに特定の機種を紹介した本がたくさんあります。高値で売れる本も多いので見逃せません。最初は例にあげた将棋とカメラを覚えてきたら、別の趣味の本を付け加えていくのがいいと思います。

女性でしたら「料理レシピ」「クラフト」「ダイエット」

先に紹介した文庫コミック、ビジネス本、スポーツ、趣味などの本は男性向けの本です。もちろん女性でも仕入できれば仕入したほうがいいですが、最初せどりをはじめる40代、50代の女性でしたら興味を持たないジャンルかもしれません。


最初は興味のないジャンルをせどりするよりも、興味あるジャンルをせどりしたほうがどう見てもいいと思います。そこで女性ならではのジャンルとして料理、クラフト、ダイエットの本がおすすめです。


かなり種類も多く最初はリサーチするのが大変でしょうが、先のビジネス本のようにすこしづつ拡張していくのがいいかと思います。クラフト本の仕入については以前記事で紹介していますのでご覧下さい。

 

まとめ

今回は40代、50代の方ができるブックオフせどりについてお話しました。簡単な説明なのでこれだけで実際に仕入ができて稼げるわけではありませんが、イメージはつかめると思います。


副業で利益を出すにはノウハウとコツが分かれば早いです。もし短期間で利益を安定的に構築したいなら当ブログでも紹介しているブックオフ仕入同行ツアーをご利用下さい。


初心者でも仕入できる商品、仕入商品の見つけ方など直接ブックオフで教えます。基本的にお住まいの近くまで伺うようにしていますので、ご相談下さい。


費用も初心者の方にご利用しやすいよう、お手軽な金額になっております。※遠方地域に場合は先の予約になってしまします。

-ブックオフ

© 2021 中古本せどりの教科書