本せどりの価格改定ツールはプライスターがおすすめ!その理由とは?

投稿者: | 2020年3月7日

こんにちは。北村です。
本せどりで利益がでるようになったら導入をおすすめしたいのが、価格改定ツールです。月の利益を5万円以上作りたいなら導入していきましょう。

しかし、せどりの価格改定ツールはたくさん存在します。実際に何を使えばいいのかわからない方もいると思います。

そこで今日は僕がおすすめするせどりツール「プライスター」を紹介します。

価格改定とは何?

価格改定についてご存知の無い方に簡単に説明します。例えばあなたが商品を1,000円で出品したとします。出品した時には他のライバル出品者も同じ価格で出品していたので、同じ1,000円で出品しました。

しかし2日後にその商品を見てみると他のライバル出品者が900円で出品していることに気づきました。

そこでこの時点で同じ900円に値下げしないと売れないと思い900円に値下げしました。これが価格改定です。

つまりライバル出品者の価格に自動的に合わせて販売するということです。

しかしその30分後にライバルが850円に値下げしたらどうしますか?また自力でさらに安くしなければなりません。

価格改定ツールとは

上記のように価格改定を自力で行おうとすると面倒です。出品商品が少ない時は、セラーセントラルの在庫一覧から毎日価格をチェックしていてもいいですが、出品商品が増えてくると大変です。

とにかく時間がかかりますし、せっかく価格改定をしてもすぐに他の出品者に最安値価格を更新されてしまします。

そこでこの価格改定を自動で行ってくれるのが価格改定ツールなのです。これを導入すると出品商品の価格は24時間監視されてライバルの価格に合わせてくれます。

あなたが寝ている時でも、飲みに行っている時でも自動で価格を改定してくれるのです。

そしてツールを導入してからセラーセントラルで自分の出品商品を見てみると結構最安値になっているものも多いです。

つまりその分売れやすくなりますし、売上が3倍ぐらい上昇する人もいます。実際にはせどりで稼いでいる大半の人が使っているツールでしょう。

プライスターをおすすめする理由とは

価格改定ツールの重要性は分かってもらったと思います。僕自身、長年本せどりをやってきて3つの価格改定ツールを使ってきました。

その中の1つはとても使い勝手良かったPCにインストールするツールを7年間使っていました。

しかし近年はどこからもアクセスができるWebツールが増えてきました。僕もその存在を知ってから2つのツールを検証し、結果プライスターを使うようになりました。

プライスターは他のツールと比べて初心者でもすぐに使えます。ではプライスターの特徴をお話していきましょう!

プライスターの機能① 価格改定

せどりのツールでは全て価格改定はできますが、プライスターの価格改定の精度には僕自身とても驚きました。

Webツールなので、24時間、価格改定をしてくれます。また他のツールでは改定しないような商品でも自動価格改定をしてくれてすぐに販売できました!

他社の改定ツールでは大手出品者の販売価格にあわせなかったり、異常に高値になっていたりすることがあります。プライスターは販売のチャンスを逃さないのは嬉しい限りです。

プライスターの機能② 出品、発送、売上管理

プライスターでできる基本的な作業は次のとおりです。

出品機能が便利!
自己発送、FBAともに直接出品できます。出品の際の定型文を登録でき、出品時間を短縮することが可能です。出品用のバーコードリーダー(3,000円ぐらいで購入可)があるとISBNの入力が不要なのでかなり楽です。

■FBA納品が簡単!
めんどくさいセラーセントラルからの納品が解消されます。特に納品ラベルが簡単に作れるので一度使うと手放せません。

発送管理が一括にできる!
自己発送の場合、注文商品を商品画像とともに一覧で表示でき、納品書をを全注文分まとめて印刷することができます。ピッキング表も作成でき便利です。

■売上管理で利益が一目瞭然!
指定した期間中の売上と利益を見ることができます。売上、利益、経費を一覧することができます。アマゾンの利益計算は面倒なので便利です。

プライスターの機能③ サンクスメール

僕がおすすめする機能としてはこのサンクスメール機能です。ズバリAmazon評価数を増やすための機能で、評価を頂くアプローチ手段ということです。

現在のアマゾンは購入者が評価を入れてくれる確率がかなり低くなっています。僕が思うには中古本の場合、30件~50件販売して1人評価をしてくれる感覚です。

これを聞いて、「あれっ!?異常に少ないなぁ」とみなさん思うと思います。でもこれって普通に考えてみたらアマゾンの評価はあくまで善意の評価なのです。

ヤフオクみたいに相互評価をする文化はありません。メルカリみたいに相互評価しないと売上金が入らないなんてこともありません。

そのため、アマゾンの評価はものすごく入り難いのです。みなさんが本を購入した時に評価を出品者さんに入れますか?

こんなアマゾンの評価システムですが、実際に評価を購入者にお願いすることはできるのでしょうか。答えはNOです!アマゾンの規約としてダメです。

プライスターでは購入者に対して数日後(日付は設定可)にお礼のメールを送ることができます。そこで商品の到着を確認するために、評価で到着の回答をしてもらうように使っていきます。

ここで評価を増やしていきます。サンクスメールを送ると購入者もダイレクトに購入した商品についてのメールが届くので、クリックした時に評価を入れてくれる確率が格段に上昇するです。

特に評価が少ない出品者は1つでも評価を増やしたいと思うでしょう。ぜひプライスターのサンクスメール機能を使ってください。

何もしないよりは確実に評価は増えていきます!ちなみに購入者に送る文言は定型文で良いと思います。さらに独自の感謝の気持ちを加えてもいいかもしれません。

プライスターの機能④  スマホアプリで直接出品

他社のツールではなかなかないのがアプリ版です。プライスターではスマホアプリがありますので、PCと同じ機能を一部使うことができます。

中でも商品検索機能があり、ブックオフで直接アプリでリサーチしてそのまま出品することができるのです。仕入れに行ってトレンド商品を見つけた時はいかに早く出品するかが重要です。

そんな時、トレンド商品を店舗で購入してすぐに即出品することができるです。自宅に帰る前で出品できて帰ったら高額で売れていたことも。

こんな凄い機能はプライスターだけだと思います。また売れた商品はプライスターが都度お知らせしてくれるので、その都度セラーアカウントを確認しなくても大丈夫です。

プライスターは日々進化しているツールです!

プライスターはユーザーの意見を柔軟に取り入れて機能化してくれるツールです。実際に使っているユーザーが不便と思ったことをプライスターに伝えるとなんと実際の機能に取り入れてくれる場合があるのです。

全国からいろいろな要望が届くので、それらの中から新たな機能が誕生するのです。

つまりプライスターは常時進化して使いやすくなっているのです。

また分からない点に対してもすぐに回答がありますので、安心して使用することができます。

分からないことは電話相談できる!

せどりツールはいろいろありますが、使っている時に分からないことや疑問に思うことは必ずあると思います。特に自力ではどうにもならないことが生じた時は本当に困ります。

こんな時、多くのツールでは、問い合わせの対応はメールだけのことが大半です。メールだけだといつ返答が来るか分からないので困ります。

僕も長年使っていた大手ツール会社でもかたくなに電話対応を拒否されたことがあります。確かに電話対応をオープンにしてしまうと多くのユーザーが電話対応を求めてしまうので対応しきれない事情もあるのでしょう。

しかしプライスターは電話対応をしてくれるので嬉しい限りです。ユーザーとしても物凄く安心ですね。

プライスターは有料だけどお手頃に使えます!

これだけの機能満載のプライスターですが、月々の費用は月額4,800円(税抜)です。一日あたり180円ぐらいの金額で使用することができます。

しかも最初の30日間は無料体験が可能ですので、1ヵ月間はお試しで使用することができます。

もし使いこなせない、不要だと感じたら解約することもできますので安心です。まずはお試しでプライスターの機能を実感してみて下さいね。

まとめ

プライスターを使えば出品をはじめとした作業が格段に速くなります。

せどりで仕入れを効率化するにはいろいろ手法が必要ですが、作業に関してはプライスターを使うだけでかなりの効率化ができます。

作業で使っていた時間が空けばその分、仕入れに時間を使ったり、他のことに時間を使うことができます。

時間が短縮でき、プライスターで売上が上がればこれ以上のことはありませんね。有料ツールではありますが、ツール費用は売上アップするので充分に相殺できますよ。

それ以上に価格改定のメリットがあるので、想像以上に売れていくことでしょう。

プライスターの一番の魅力は、一度使えば手放せなくなることです。本せどりで少し利益が出始めたらぜひ取り入れていきましょう!